アパレルの面接で印象の良い服装は何?

アパレルの面接で印象の良い服装は何?

 

 

アパレルの面接は特徴的で私服で受ける場合が多いです。

 

「実際店舗に立つときにどのような服装をしているのか、ブランドのイメージにあっているのか?」

 

などをチェックするためです。

 

「どのような服装で臨めば良いのか」と不安を抱えている人も多いでしょうから、先輩に印象の良い服装を聞いてみました!

 

 

 

面接の際は、スーツではなく、私服が基本だと思います。アパレルというだけで、その面接に行くお店を意識しすぎた格好をしてしまう方は多いと思いますが、そうではなく、「清潔感」のある服というのを意識していくと良いと思います。
ブラウスにアイロンをかける。パンプスのヒールは削れていないか・・など基本的な部分です。

女性:販売員

 

真面目すぎない、でもはずしぎない、オシャレ感度をもっていることを意識しているもの。
鞄や靴は使用ダメージのない、だけどハイブランドでないものをセレクトする。

女性:物流管理

 

販売している服に限りがあるので全てでなくていいのですが、希望しているショップの服を面接の服に上手く着ていくことです。

女性:販売員

 

基本的には自由で構わないとは思いますが、お店の人間に初めて会うという点と、このお店で働きたいという意思表示としては、受けた会社のイメージに沿った服装が好ましいと思います。

逆に振り切って個性を出してきても作戦としてはアリだと思います。

男性:販売員

 

 

おすすめアパレル専門転職サイト

クリーデンス

クリーデンス



日本全国のアパレル企業に応募できる転職サイト

アパレル企業に応募するときには最初に登録すべきサイトです。

クリーデンスの転職サポートでは書類の書き方からデザイナー向けにデザイン画のアドバイス、事前の面接対策、面接を受ける企業の情報を事前に共有してくれるなど手厚いサポートがあります。

面接に不安がある方はクリーデンスのお世話になるのがおすすめです。

アパレル面接

ファッショーネ

ファッショーネ



ファッショーネはアパレル系への転職をする際にはおすすめできる転職サイトなのですが、残念ながら東京近郊でしか展開していない会社です。

お住まいが関東圏なら登録しておくことをお勧めします。

過去資料やデザイン画、面接内容など、過去3000人の実績を元にしっかりサポートしてくれるので、初めてのアパレル企業への転職の際にも心強い味方になってくれるでしょう。

アパレル面接

スタッフブリッジ

アパレル面接



紹介実績だけならクリーデンス、ファッショーネよりも多くの実績がありますが、メインは派遣・バイトから始める方を対象にしているサイトです。

将来的にアパレル一本で働き続けようと思うなら、上の二つのサイトのどちらかで転職活動をすることをお勧めします。

初めてのアパレルだからどんなものか派遣・バイトで体験してみるならお勧めできるサイトです。

アパレル面接

 

 

清潔感のある服装かつ自分らしさのある服装が一番良いと思います。

ブランドで出す自分らしさではなく、安価でも高価でもにあっている服であることが一番重要だと感じます。靴、鞄、爪、襟元この四点は必ずきれいにしていくことをお勧めします。

女性:ネットショップ

 

伺いいく会社の服を着てくのがよいですが、ライバル会社でなければ特には問題はありません。
普段とのギャップを出すため、誠実感を出すためにスーツで面接のときのみスーツで行っても印象はいいです。

もし面接官に聞かれたら「初めが肝心だと思い、気合をいれてスーツできました」といえば大体は見どころのあるやつだと認識してもらえます。

男性:販売員

 

無理に自社ブランドを着用する必要はありません。もちろん面接の場なのであまりにも派手な服装はNG。

 

男性ならシンプルなジャケットに細身のパンツに革靴。オシャレ感を出すためにポケットチーフなんかを入れてもいいかと思います。

男性:エリアマネージャー

 

 

 

基本的には私服が多いです。面接をする企業のブランドイメージに近いものでも、トレンドを意識したファッションでも大丈夫ですが、清潔感は意識した方が良いです。

男性:デザイナー

 

清潔感があって、個性をさりげなく表現した服装

面接するブランドのイメージに近づけた服装が好ましい
全身そのブランドで決めて『ファン』をアピールするのも良い

また、一カ所、『色」や「シルエット』でそのブランドに近いオメージを印象づけるのも効果的

デザイナー

販売員として特定のブランドに面接に行くのであればそこの商品を着ていき、自分がどのくらいそこのブランドがすきなのかをアピールするのもいいと思います。あまり突発過ぎるのは引かれてしまうかもしれないので当たり障りのない程度で。

そのシーズンの定番のものを着ていくとかでよいのではないでしょうか。
きちんとした言葉遣いや姿勢、仕事に対する情熱や素直さのほうが、面接の時には服装より重視されるのではないでしょうか。

店長

 

面接を受けられるメーカやブランドのテーマに合った服装をするとウケがよいかと思います。

さらにそのジーンズのテーマにそった服装ならなおさら良いと思われます。

販売員

 

私服での面接の場合は、過度にならない色の服装が一番です。例としてはシャツは白系統、ジーンズもワッペンなど模様やデザインがなくシンプルなものが望ましいです。ファッション業界で働く場合、販売員がお店の顔となるので、仕事に携わっても問題ない常識ある服装で来るかを見てきます。

面接受けする服装は意外とシックなものです。

やはりファッション業界といえど常識マナーは重視されますので、一般企業の面接同様に抑えめの色彩の服装が似合います。

販売員