アパレル企業でどのようなスキルを身につけたいですか?

アパレル企業でどのようなスキルを身につけたいですか?

 

 

入社後の将来性を企業側は見てきますよ。

 

貴社の商品を購入に行った際の接客が、素晴らしく、このおうな接客をしたいと思いました。
お店おおすすめ商品をただ進めるだけでなく、自分自身が求めている商品を一緒に探していくというスタイルです。

また、自分の好きなスタイルに、今のトレンドを少しプラスするというアドバイスも、押し付けることなく、とてもナチュラルでした。
お洋服を購入するとき、あまり話しかけられるのが苦手だったのですが、やわらかい雰囲気の接客で、お友達と買い物をしているような気持ちになりました。

そんな身近に感じられる、でも、しっかりお店の商品のよさが伝わる接客スキルを身に着けたいと思います。

女性:販売員

 

昨今、パワハラなどという、個人にとって!都合のいい言葉が一人歩きしています。仲良くすることは美しいのかと錯覚しているかのごとく、に感じます。
甘やかしては人は育ちません。過保護にしては体力がつきません。これからの社会を担う大事な人財を一生懸命、真剣に育てたいと願っています。

楽をして、得たものなど、簡単に手放してしまいます。考えに考え、悩みに悩んだ結果しか、自分の骨となり、血となるのです。そのことを伝えるスキルを身に付けたいです。

女性:物流管理

 

まずは、服の知識を身に付けることです。
素材、商品の特性、選択の仕方などをお客様に伝えられるようにしたいです。
そして知識を活かして、お客様にその服をしっかりとおすすめできるようにしたいです。

自分がレジ業務、商品の整理の仕方、陳列の仕方、畳み方などの基本的な業務を覚えた後は、新人の方に自分が教えてもらったことを伝えられるようにしたいです。

さらに、皆の業務の振り分けもゆくゆくはできるようになりたいです。

女性:販売員

 

多くのお客様に、多くの満足感を与えられる接客力はもちろんですが、今、もっとも興味を持っていて、時間をかけたいスキルは、物流に関する知識面です。

通常の販売員として働いているだけでは身につかない、アパレルの根本の部分を勉強し、いかに効率よく商品の回転数を上げるかといったスキルを手に入れたいと思っています。

その為には、現在の職場以外の状況もしっかりと把握し、他社のいい部分は積極的に学んでいく姿勢が必要だと考えます。

男性:販売員

 

生地、ボタン、生産国、毛糸など素材に関する知識をもっともっと身につけたいと考えております。素材一つで同じサイズのお洋服も全く違うサイズに見えたり着心地も変わってきます。

シーズンごとに同じサイズ感でも素材は毎シーズン変わるのでその部分をしっかり押さえた接客をすることはとても大事だと考えているためです。また、色の知識もっ身につけたいと考えています。

カラーコーディネーターのようにお客様一人ひとりに似合うカラーをご提案できるアドバイザーがいたらお買いものがとても楽しくなると思うため、とても有益なスキルだと思います。

女性:ネットショップ

 

スキルとしてはまずは繊維の名前や特徴を瞬時に言えるようになりたいです。
それによってお客様が必要といているものを正確につかむことができ、お客様の満足できる接客ができるかです。

また、同時に瞬時に原価率や利益額を計算できるように意識をしていきたいです。

販売チャンスを逃さない、会社の業績を上げる為にも売り場において「どれぐらいであれば値引きができるのか」・「最低限利益額としてはどれぐらい撮るべきか」などを考えるべきだと思うからです。

それによって良い接客であり、会社にとっても良い業績をあげることにつながると思いますのでそういったスキルをゆくゆくは覚えて行きたいです。

男性:販売員

 

おすすめアパレル専門転職サイト

クリーデンス

クリーデンス



日本全国のアパレル企業に応募できる転職サイト

アパレル企業に応募するときには最初に登録すべきサイトです。

クリーデンスの転職サポートでは書類の書き方からデザイナー向けにデザイン画のアドバイス、事前の面接対策、面接を受ける企業の情報を事前に共有してくれるなど手厚いサポートがあります。

面接に不安がある方はクリーデンスのお世話になるのがおすすめです。

アパレル面接

ファッショーネ

ファッショーネ



ファッショーネはアパレル系への転職をする際にはおすすめできる転職サイトなのですが、残念ながら東京近郊でしか展開していない会社です。

お住まいが関東圏なら登録しておくことをお勧めします。

過去資料やデザイン画、面接内容など、過去3000人の実績を元にしっかりサポートしてくれるので、初めてのアパレル企業への転職の際にも心強い味方になってくれるでしょう。

アパレル面接

スタッフブリッジ

アパレル面接



紹介実績だけならクリーデンス、ファッショーネよりも多くの実績がありますが、メインは派遣・バイトから始める方を対象にしているサイトです。

将来的にアパレル一本で働き続けようと思うなら、上の二つのサイトのどちらかで転職活動をすることをお勧めします。

初めてのアパレルだからどんなものか派遣・バイトで体験してみるならお勧めできるサイトです。

アパレル面接

 

 

接客による販売力はもちろん、在庫管理能力やコスト意識などの経営に関する係数意識はスキルとして必要です。

パートナーの給与計算や損益分岐点管理など、店舗を運営するということは小さな会社を経営するということ。

洋服が好きで洋服を売ることが仕事ではなく、会社を経営する意識とスキルを身につけたいという意志がアピールポイントとなります。

また、サービス業の業界全般に言えることですが、早い段階で部下を持つケースが多いです。

自身の経験をしっかりと部下に教育できるスキルと、チーム内の人間関係を良好に保つスキルが必要になるでしょう

男性:エリアマネージャー

 

現在化学繊維の進歩が大変早く、高機能素材がメイド・イン・ジャパンのポイントだと思っています。新素材の知識は無駄になることは無いので、マテリアルの勉強をしたいです。

また、チャイナプラスワンで様々な国に工場が出来ているので、英語などの多言語も身に付けたいスキルのひとつです。

今後、管理職へのキャリアプランも検討しているので、マネジメントやディレクション、マーチャンダイジングについても勉強していきたいと思っています。

男性:デザイナー

 

私は、その時々に与えられた課題を楽しくこなして、結果、そのブランドに、会社に貢献出来る為に、常にトレンドを把握していきたいと思っています。

トレンドを把握しながら、そのトレンドが生まれてくる背景も意識していきたいと思います。また、トレンドは繰り返されることがありますので、過去の歴史も把握して、今現在に照らし合わせる勉強も必要になります。

それと、常に新鮮なアイディアで、ワクワク感を周りの人に感じてもらえる為には、自分もワクワクしながら生きていかないと駄目だと思います。芸術や、映画、スポーツに、多方面に興味を持って生活したいと思っています。

また、語学は通じる方がより解り合えるので、語学力もつける事が大切だと感じています。

デザイナー

 

これから身につけたいスキルについてですが先ほど述べたとおりなのですが現在海外に住んでいます。英語圏で、主人も外国人、子供たちは英語中心といった環境にいるので英語がまったく話せないというわけではないのですが、時間はたくさんあるので大学にいって語学をきちんと身に着けてみたいなあと考えています。

現地にいてもやはり日本人同士かたまってしまいがちなのでもっとたくさんの人と話したりいろんな文化を学べることができたらよいと思っています。

店長

 

もっと人に寄り添える接客技術を身に付け、何度でも通いたくなる環境をつくれるようにしていきたい。

人間関係を上手く作りあげていく事ができればどんな仕事でも皆が楽しく笑顔で働けますのでそのような環境や雰囲気をつくれるスキルを身に付けていきたいと思います。

人に寄り添える接客技術を身に付けていきたいです。

ファションに関しても知識を身に付け周りから頼りされる人間になりスキルをアップさせていきたいですね。

良好な人間関係を上手く作りあげていきたいです。

販売員

 

幅広い層のお客様がおりますので、その方にあった接客スキルやマナーが身につくことができるよう携わっていきたいと思います。またアパレルの商品は季節や時期によって大きく異なる為、より多くの商品知識が身につけられると思いますので、自身の引き出しを増やし接客に望んでいきたいと思います。

店舗運営やアルバイトの方の管理業務もゆくゆくはあると思いますので、様々な経験を積んで、店舗運営に携われるよう勤めたいと思っております。

販売員

 

まずファッションの知識をよく勉強したいですね。ファッション雑誌などをみて大方デザインとかはわかるんですが、やはり基本的な形が自分では勉強不足だと思っています。

だから自己流ながらもそれらを習得して、更に販売に関してですから利益とコストに関しても勉強したいですね。

やはりデザインだけでもいいんですが、それに見合ったコストで商品を提供することはやはり利益を出すのには必須ですし、それらは大変需要なことだと思いますので。

販売員