なぜアパレル業界を志望したのか?

なぜアパレル業界を志望したのか?

 

 

「うちの会社を志望した理由は何か」と聞かれた時にすぐさま回答できる準備はできましたか?

 

次はそもそもアパレル業界に興味を持った理由、志望動機はどうですか?

 

案外この質問に対する答は見逃しがちになっています。

 

先輩たちの理想的な回答はどのようなものでしょうか?

 

世の中で、服を着ないで生活する方はいません。洋服は、日常生活でかかせないものです。

服なら何でもよいという方はいると思いますが、洋服で気分が変わったり、明るくなったり楽しくなったりする方もたくさんいます。

私は、そのうちの一人です。
自分が大好きなお洋服に囲まれて働き、さらにそのお洋服が好きなお客様がいらっしゃる。そんな素敵な場所で働けるというのは、私にとっては、とても幸せな空間です。以前のお仕事と比べて、お客様の反応がダイレクトに返ってくるというのも、このお仕事の魅力の一つだと思います。

女性:販売員

 

アパレルは最後に残った改善、改革が遅れている業界だと思っています。

売ることに熱心で、管理、組織、ITいずれも他業界より遅れをとっています。

その分、改善、改革のメスが入れやすく、利益を残すことが可能な業界だと思うからです。
アパレル特有の緩さ、馴れ合い、業界の常識も理解しますが、今何をすべきかを提案できる時期だと思っています。国内では円高時にこの話を聞いてくれる人はいません。

業績が右肩上がりだから。敢えて、このじきにこそ、着手すべきことを提案したく志望しました。

女性:物流管理

 

以前、自分の娘と御社の服を買いに来たことがありました。
娘と一緒に服を選んでその服を購入したのですが、購入した後、娘がその服を抱き締めて、「ありがとう。幸せ?。」と言いました。

服一つでこんなにも人を幸せにできるのかと、改めて思いました。

自分の娘だけでなく、私の周りの人たち全てにこの新しい服を手に取ることでの幸せを提供できたらいいなと思い、アパレル業界を志望しました。
服があるのは素敵なことだということを皆さんに伝えたいです。

女性:販売員

 

基本的に広い意味でのアパレルに興味があり、最もイメージの強い販売という仕事を強く志望しました。この業界は、一般的にモノを販売するだけのようなイメージが先行しており、自身も、実際に志望していろいろと調べていくまではそういった感想を持っていました。

ただ、会社にもよりますが、アパレル業というものは、小売という部分の他に、各社で物流の意味合いを持っていることが多く、売る為のお客様のは直接わからない視点を持っていることに驚きました。

このことから、ただ単にあるものを販売するという簡単な構造でえはないという部分に、考える面白さを見出し、現在の職に志望致しました。

男性:販売員

 

お洋服は自分の個性を出す一番良いツールだとずっと思ってきました。そんな業界で作り手になって働いてみたい、ということが一番大きな志望理由です。

昔から色んなテイストのファッションにチャレンジしてきました。年齢によっても似合うもの、似合わないもの、似合っているけどどこかフィットしないもの、たくさんありました。

しかし、着てみると毎回新しい発見ばかりで楽しいのです。そんな楽しさをもっともっと伝えたい!そして自分ももっともっと楽しみたい!と思ったことも志望理由のひとつかもしれません。

女性:ネットショップ

 

理由としてよいものは以下の通りです。
「生まれてから死ぬまで人と一緒にあり続けるものが服です。暑い時には紫外線を防ぎ、寒い時には体温を保つなどだれにとっても必要不可欠なものです。この常に一緒にあり続ける服を私自身の手で売ってみたいと思い志望しました。

服と言っても機能性を追求したものであったり、様式美を追求したものなど様々です。

そんな業界の中で自分自身が誇りをもってお勧めできるブランドで家族や友人、知人、まだ会った事のない人へと伝えていきたいと思います。それによって多くのかたがより良い生活を送れる手助けをしたいと思いこの業界を志望しました。」これぐらいが良いかと思います。

どのブランドでも使えますし、何故アパレルなのかの根本的なところをついており好印象を抱かれます。

男性:販売員

 

おすすめアパレル専門転職サイト

クリーデンス

クリーデンス



日本全国のアパレル企業に応募できる転職サイト

アパレル企業に応募するときには最初に登録すべきサイトです。

クリーデンスの転職サポートでは書類の書き方からデザイナー向けにデザイン画のアドバイス、事前の面接対策、面接を受ける企業の情報を事前に共有してくれるなど手厚いサポートがあります。

面接に不安がある方はクリーデンスのお世話になるのがおすすめです。

アパレル面接

ファッショーネ

ファッショーネ



ファッショーネはアパレル系への転職をする際にはおすすめできる転職サイトなのですが、残念ながら東京近郊でしか展開していない会社です。

お住まいが関東圏なら登録しておくことをお勧めします。

過去資料やデザイン画、面接内容など、過去3000人の実績を元にしっかりサポートしてくれるので、初めてのアパレル企業への転職の際にも心強い味方になってくれるでしょう。

アパレル面接

スタッフブリッジ

アパレル面接



紹介実績だけならクリーデンス、ファッショーネよりも多くの実績がありますが、メインは派遣・バイトから始める方を対象にしているサイトです。

将来的にアパレル一本で働き続けようと思うなら、上の二つのサイトのどちらかで転職活動をすることをお勧めします。

初めてのアパレルだからどんなものか派遣・バイトで体験してみるならお勧めできるサイトです。

アパレル面接

 

 

アパレル業界で働くということは華やかな見た目に反して泥臭い仕事も多いです。
それを理解した上で常に自身がかっこよく生きていけること、
そして人を幸せにすることが自身の喜びであることをアピールすることが大切です。
自身は常に美しくいなければいけないが決して主役ではなく、舞台を提案し、
観客であったお客様を主役に仕立て上げ、ファッションを楽しむ喜びを知ってもらう。
その楽しみが理解できている人間こそがアパレル業界で大成するでしょう。

男性:エリアマネージャー

 

中学時代からファッションに興味があり、高校時代はファッション雑誌の街角ファッションなどに登場していました。単純にファッションが好きという理由でアパレル業界を志望しましたが、職種については専門学校入学時は迷っていました。販売職には興味が無く、当初スタイリストを希望していましたが、コーディネートをする上で、アイテムに自分の好みがマッチしないことが多く、それなら自分でデザインしたいと思ったことが、デザイナーになったきっかけです。

男性:デザイナー

 

私の場合は、母親が洋裁の出来る人で、小さい頃から、他の友人とは違った洋服を着せてもらっていました、自分で洋服を選ぶ様になってからも、気に入るまで洋服を探したり、人とは違ったコーディネートを好んで試したりしていました。
その大好きなことを仕事に出来たら幸せと感じて、デザインの勉強をして、ファッション業界でプロとして仕事をしたいと思う様になりました。
また、女性としていくつになっても仕事を続けていきたいと思い描いていたのと、多くの人々とかかわり合いながら仕事をして、人間としても成長したいと思っていましたので、アパレル業界を志望しました。

デザイナー

 

私はもともと広告関係(グラフィックデザイン)の大学を卒業したのですがファッションも大好きで学生のときにアルバイトでアパレルの販売員をやってました。大学卒業後広告関係の会社に入社したのですが実際働くと自分のやりたいことはこれではないと思い、アルバイトをしていたブランドで正社員になる面接を受け採用となりました。
勤務時間も長く、最初はお給料のほとんどが洋服代になってしまうこともありましたが好きなことは続けていくことができます。

店長

 

服がすき、おしゃれがすき、毎日テンションが上がる笑顔が溢れる職場で働きたいと思ったからです。
そもそも人間がすきで、パソコンや機械などではなく生身の人間と直接、接する事ができる仕事がしてみたかったからです。
キラキラしながら働いて自分がまず笑顔で過ごせるし仕事につき、その笑顔をで周りにも幸せを感じてもらえるような仕事につきたかったからです。
アパレル業界の服などは、普段頑張って働いている皆さんの気分をあげるご褒美、
日々頑張る活力になる物にたづさわっつみたかったからです。

販売員

 

私自身、普段からファッション雑誌を見たり、よく服を見に行くこと・購入することが多かった為、アパレル関係の仕事に携わりたいと思うようになりました。接客の中でもアパレルの仕事はその年ごとで商品ラインナップも変わる為、より多くの商品知識を学べる点、私がこれまで培いましたファッションに関する知識を販売で活かし、お客様に喜んでいただけたらすごく遣り甲斐があるのではと思いまして、アパレル業界を志望致しました。

販売員

 

アパレル業界を志望した理由は若い時からファッション雑誌などを読み自分に興味がある服を探していました。ファッションを見ることで自分の気持ちが癒されるようになり、更にブランドの成り立ちなどにも興味がありました。そして現代ではエコファッションの関して興味を持っています。どうやったら自分のファッションを手軽にコーディネートできるか等ということです。その結果ファッション業界に携わることが自分の目標を達成するのに近道だと思いましたので。ファッション業界に就職したいと思いました。

販売員